もーのグダグダしながらもアニメキャラ達に頑張ってもらって月5万くらいを稼がせてもらう副業ホビーせどりブログ

ホビー関連のせどりノウハウのアウトプットをしています。副業です。初歩的な話からニッチな観点の話まで溜め込んでいます。販路はヤフオクで、ebay輸入やタオバオ輸入も実施しています。初心者の方からベテランの方まで読んで頂けると幸いです。得意分野はフィギュアであり、目利きで勝負しています。

ホビーせどり ~4月に仕入れたもの5(食玩せどり)~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは。

もーです。 

 

仕入れたものの紹介をして参ります。

直近の食玩ですね。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

■仕入れたもの

スター☆トウィンクルプリキュア キューティーフィギュア キュアミルキー

f:id:m-sedo:20190416174301j:plain





 

 

 

 

■買値・定価・設定価格・見込利益

買値:540円

定価:540円

設定価格:1500円

見込利益:960円

状態:未開封

 

■モノレート

mnrate.com

 

■仕入れ場所

イオンです。お菓子コーナーにあります。

 

■キューティーフィギュアとは

プリキュアシリーズの食玩フィギュアシリーズとなります。

毎年1回シリーズの改編に伴い、新作が登場します。

 

f:id:m-sedo:20190416174847j:plain

■アソートについて

1ロット内の配分数をアソートといいます。

当シリーズは1ロットあたり、8個入りです。

 

キュアミルキーについては、1ロット1箱というレアアソートです。

■キュアミルキーの販売傾向

当シリーズにおけるキュアミルキーの販売傾向性(単品のみ、纏め売り除外、対象はヤフオク)をオークファンを利用して発売直後からデータ分析をしており、その結果をまとめます。

- 発売時(2019.04)から当記事の執筆時(2019.04)まででX個落札されている

- 全体平均落札額は736円、直近3ヶ月平均落札額は906円、最高金額は1580円

- 販売開始直後から相場は高騰気味

■キュアミルキーとは

シリーズの中でも人気が高いキャラクターです。

 

以下wik先生から引用です。

  • 7月7日生まれの蟹座[16]。惑星サマーンからやってきた宇宙人の少女。母国では成人であるが、地球での換算年齢はひかると同い年の13歳。天の川のプリキュア「キュアミルキー」に変身する。責任感が強く真面目だが、抜けているところもある。AIに「マニュアル通りに動くタイプ」と評されている[ep 2]。口癖は「オヨ〜」で、主に動揺や困惑した時に使う。青緑のボブカットで、右サイドにはピンクと水色のメッシュが入っている。青緑の瞳に星のハイライトがある。また、色白の肌をして耳が尖っている。左右の頭飾りから細いコードが伸び先端に球状のセンサーがつけられており、触角のように自由に動かせるほか微弱な電流が流れている。これを使って機械の操作などができるほか、タッチで挨拶になる[ep 4]。球は通常黄色であるが、激昂するとピンクに変わりスパーク[要曖昧さ回避]する[ep 5]。私服はベージュセーラー服型半袖ブルゾンに白のワンピース、ベージュのルーズソックスに白と青緑のツートンスニーカー。右手にロケットのAIと通信可能な端末を内蔵した[ep 5]青緑のオープンフィンガーグローブをはめ、左腰に「コスモグミ」が入った水色の丸いポシェットをつけている。また頭飾り、上着、グローブ、スニーカーにハートマークがあしらわれている。ひかる同様ミルキー覚醒後は首にペンダントを掛けている。一人称は「わたし」。ひかるを当初フルネームで呼んでいたが、後述のケンカを機に「ひかる」と呼ぶようになる。またフワを本名で呼んでいたが、フワの反応を見て「フワ」と変えている[ep 4]。えれなとまどかを最初から呼び捨てで呼んでいる(下記に詳細あり)。宇宙人なので地球へ着陸直後は「ルン」としか話せずにいたが、フワの力で地球の言葉が分かるようになりひかるに「フワを助けてありがとうルン」と感謝を述べる[ep 1]。それ以降、話の語尾に「〜ルン」とつけるようになる。ただしこれはひかるのみに有効らしく遼太郎の言葉は解せずに困惑していた[ep 4]が、ミルキー覚醒後はペンダントが翻訳機となりひかる以外の地球人の言葉も理解できるようになる[ep 5]。「スターパレス」での異変を察知したサマーンからの調査員として派遣されていた際にフワとプルンスに出会い一緒にプリキュアを探す旅をしていたが、突然フワがいなくなり捜し回っていたところフワの力で地球にワープしてきた。その後、ノットレイダーの攻撃でロケットが制御不能になったあと[ep 1]は修理と見張りを兼ねテントで寝泊まりしている[ep 3]。単身で修理に励んでいたが限界を感じ、ひかるたちにも手伝いを依願する(詳細は後述)。ひかると同い年であるがロケットの操縦や修理ができるため彼女から羨望されている。また母国では教育は全てAIから受けていたため学校に通った経験は無く、観星中へ赴いた際は見るものすべてが新鮮でときめいていた[ep 7]。さらに非効率との理由で敬語敬称も無いらしく、年上のえれなとまどかを躊躇わず呼び捨てにしてひかるを驚かせた[ep 3]。コスモグミを主食としていたためひかるが持ってきたおにぎりを「を食べるの?」と錯覚し躊躇う。しかし彼女から「食べなきゃ分からないよ」と薦められ意を決して食べ、そして「おいしい!」と舌づつみを打つ[ep 4]。以降おにぎりのとりこになり[ep 3]、またそれ以外にも「スタードーナツ」も何ら抵抗なく食べている[ep 5]。ひかるがなぜプリキュアになれたのか疑問に感じAIに自分がプリキュアになれる確率を尋ねたところ「統計上0.000000012%」であると判断されしょげるが、試しに彼女の確率も尋ねたところ同率だったためさらに疑問を持つ。データ上の結果を絶対視していたがひかるから「過去を比べてもこれから何が起こるかなんてわからない」と指摘され、カッパードからフワを守っているときにも彼女から「データなんか関係ない。思い描くの、なりたいララちゃんを」と諭され我に返る。そして「わたしがフワを守る!」と決心したその時トゥインクルブックが反応し変身ペンとペンダントが誕生、それらを用いてプリキュアへと覚醒する。戦闘後ひかるに「あなたのおかげでプリキュアになれた」と感謝し、彼女の友人かつパートナーとなる[ep 4]。その後ペンダントの異変を巡ってデータの収拾かつ分析を重視する自分と闇雲に突っ走るひかるとの間に溝が生まれ、また母国では大人なのに「ララちゃん」と子供扱いする彼女に憤りを感じ口論となり軋轢が生じる。しかしえれなとフワの意見を聞いてひかると向き合い、そしてプリンセスペンを見つけプリンセスを解放する。その後ひかるの真摯な謝罪を聞いて自分にも非があったと省み、そして自身も彼女に謝り親友かつバディとなる(ひかるの項目も参照)[ep 5]。責任感があるゆえいささか意固地な面もある。3人がロケットの修理を手伝おうとした際「邪魔だから出てって!」と一喝したり、ひかるの誘いで天文台へ赴いた際も「わたしはロケット直すのに忙しいの!」と憤慨し帰ろうとしたりと一匹狼さを露呈する。しかし遼太郎からプラネタリウムを見せられた際「星はつながって星座になる。人もつながりが大事」と諭され、その後アイワーンらとの戦いで3人とチームプレーしたのを機に考えを改める。戦闘後えれなから「流れ星にお願いすると願いが叶う」と聞き「みんなとロケット直したい…」と願いを呟き、それを聞いた3人も快諾する[ep 8]。力を合わせてロケットを修理する際ひかるが提案した新しいデザインに「かわいい」と賛同するが、効率性を重視するAIから「飾りは不要」と反論される。しかし「わたしたちが楽しくなるようなステキなロケットにしたい!」と抗い、最終的にロケットは無事修復され同時にファンシーな姿に生まれ変わった[ep 2]

■仕入れ場所今昔

<国内>

スーパー・コンビニでまだ売っています。

ホビーショップにも流れ始めました。

 

 <海外>

ebayは日本のセラーさんが3800円くらいで出品されていますね。

www.ebay.com



 

タオバオはありませんね・・・。

 

ここまで読んでいただきましてありがとうございました!