もーのグダグダしながらもアニメキャラ達に頑張ってもらって月5万くらいを稼がせてもらう副業ホビーせどりブログ

ホビー関連のせどりノウハウのアウトプットをしています。副業です。初歩的な話からニッチな観点の話まで溜め込んでいます。販路はヤフオクで、ebay輸入やタオバオ輸入も実施しています。初心者の方からベテランの方まで読んで頂けると幸いです。得意分野はフィギュアであり、目利きで勝負しています。

ホビーせどり ~4月に売れたもの1(昔のおもちゃせどり)~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

どうも、もーです。

 

4月に入って1個目に売れたものを紹介いたします。

今回は、仕入れた当時から"いつ発売されたのかよくわからないもの"と認識していたものが売れました。

※そのあと調べたら2011年の商品と判明

 

 

■売れたもの

Dr.スランプ アラレちゃん イケてるアラレちゃん おきがえセット

f:id:m-sedo:20190406075948j:plain

■買値と売値

買値:3240円

売値:26000円

手数料:2246円

概算利益:20514円

状態:未開封

   

■モノレート 

なさそうですね。探し方が悪いのかもしれません。

■イケてるアラレちゃんシリーズとは

イケてるアラレちゃんシリーズとはアラレちゃんの人形と着せ替えセットをシリーズ化した製品となります。

 

ちなみに、人形のほうはこんな感じです。

f:id:m-sedo:20190406081158j:plain

 

別のおきがえセットはこんな感じですね。

f:id:m-sedo:20190406081339j:plain

f:id:m-sedo:20190406081405j:plain

ドクタースランプのグッズはあまり扱わないのですが

コアなファンの方が多く、高値でも捌けていきやすい印象があります。

 

■アラレちゃんとは

本名は則巻アラレで、 則巻千兵衛に作られたロボットです。

以下wik先生から引用です。

 

1980年トビウオ3日(5月3日)[注 6]に誕生[5][3]。身長139cm、体重31kg[3]。ドラゴンボール大全集とドラゴンボール超全集では、エイジ745年完成になっている[12][13]。完成した後、千兵衛が考えた「年の離れた」という言い訳の帳尻合わせのため、13歳ということになった[6]。時間経過の描写があるため、最終盤は名目上18歳になる。周囲の人物には「1967年生まれ」[3]と説明されている。

趣味はウンチ突きで、嫌いなものはない[3]。パトカーや白バイを体当たりで壊すことも趣味としている。特技は女の色気[3]。千兵衛が校長に「今まで体が弱くて病院に入院していた妹」と紹介して、村の中学園に編入学する[6]。このとき千兵衛は、千兵衛の両親は小さい頃に亡くなったことを校長から指摘されて、実は子供と訂正したが担任のみどりが現れて子供というのは冗談だと誤魔化した。ペンギン村村立中学園に入る千兵衛のじいちゃんが千兵衛の妹としてアラレを紹介され、千兵衛の両親が亡くなったのは20年前でアラレが名目上15歳の時点で、妹のアラレは存在するはずが無い状況に千兵衛のじいちゃんやみどりが驚いたときは、大粒のキャラメルのおまけと説明している[14]

自動車学校では、当時まだ17歳ということで普通自動車免許一種を取得できる年齢の18歳に達していなかったため、ゲンゴロウ島自動車学校の教官が駄目と断ったが駄々をこねて壁を壊し、怯えた教官から許可を得て法規テストと実地テストを受け合格。普通自動車免許一種を取っている[15]。第2回ペンギングランプリで優勝したため、高校3年生で、ペンギン村村長になった[2]

登場回数については、原作・アニメともに、1話から最終話まで全話に登場している。ジャンプ・コミックス10巻において、作者の鳥山がアラレと千兵衛の登場回数を数えて比べており、回数はアラレのほうが多かった[16]

また、『Dr.スランプ』の完全版のカバーには鳥山のお気に入りキャラクターが描かれているが、その一つがアラレである[17]。インタビューで「好きなところは?」と聞かれ、「僕を漫画家にしてくれたので、もちろん好きです」と答えており、「最初は誕生の理由でイヤだったが、どんどん頭身が小さくなって、ギャグっぽくバカバカしいキャラになるにつれ、好きになっていきました」とも答えている[17]

「アラレと悟空が戦ったらどっちが強いですか?」との質問に対し作者の鳥山は「アラレちゃんの方が強いんじゃないのかなあ」と返答している[18]

1985年から10年後、オボッチャマンと結婚して彼の家に住み、赤ちゃん(アンドロイド)をもらい、1児の母親になる[19]。結婚して母親になっても性格はそのままで、ウンチ突きやパトカー壊し[注 7]などをやっているため、未来を見に来た鳥山からは「母親になってもまだこんなことしているのか」と呆れられている[19]。赤ちゃんの名前を「キングキドラ」にしようとしたが、オボッチャマンに却下された。

 

■おきがえセット(かいじゅう)の販売傾向について

当シリーズにおけるおきがえセット(かいじゅう)の販売傾向性(単品のみ、纏め売り除外、対象はヤフオク)をオークファンを利用して発売直後からデータ分析をしており、その結果をまとめます。

- 発売時(2011.02)から当記事の執筆時(2019.03)までで17個落札されている

- 全体平均落札額は8338円、直近3ヶ月平均落札額は8500円、最高金額は25000円

- 発売当初は3000円程度の相場、直近で在庫枯渇により高値

 

■仕入れ場所今昔

<国内>

ホビーショップで購入しました。おそらく数が少ないのでお店もうまく値付けができなかったと思われます。

 

 <海外>

ebayでは誰も出品していません。

輸出のチャンス!!
 

ここまでお読みいただきありがとうございます。