もーのグダグダしながらもアニメキャラ達に頑張ってもらって月5万くらいを稼がせてもらう副業ホビーせどりブログ

ホビー関連のせどりノウハウのアウトプットをしています。副業です。初歩的な話からニッチな観点の話まで溜め込んでいます。販路はヤフオクで、ebay輸入やタオバオ輸入も実施しています。初心者の方からベテランの方まで読んで頂けると幸いです。得意分野はフィギュアであり、目利きで勝負しています。

ホビーせどり ~5月に仕入れたもの1(プライズせどり)~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは。

もーです。

 

仕入れたものの紹介をして参ります。

今回はちょっと前のプライズです。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

■仕入れたもの

ワンピース creator×creator クロコダイル

f:id:m-sedo:20190520075100j:plain

 

 

 

 

 

■買値・定価・設定価格・見込利益

買値:842円

定価:-円

設定価格:3000円

見込利益:2158円

状態:未開封

 

■モノレート

mnrate.com

出品者がいないなんてことはないと思うんですけどね・・・。

 

■仕入れ場所

古本市場です。 

 

■Creator × Creatorとは

プライズフィギュアのシリーズで、ワンピースを問わず、様々なジャンルのフィギュア化をしているシリーズとなります。ポイントはクオリティかと。

 

クオリティでは定評のあるバンプレストのフィギュアシリーズを、より魅力的に、かつ新たな可能性を引き出すための方法を模索する中で提示されたもののひとつが「様々なフィールドで活躍する写真家の方々それぞれのフィルターを通す事によって、今までとは異なるフィギュアの魅力、世界観が見えてくるのではないか?」という事でした。
原型制作の前段階から作中のイメージを尊重しつつもそれだけに囚われ過ぎず「原型師の創りたい造型」「写真家の撮りたい絵」という原型師、写真家双方からのコンセプトを昇華する事で、既存のシリーズとは一味違うフィギュアの魅力、見せ方を提示していければと思っております。
今まで交わる事のなかったクリエイター同士から産まれる化学反応にご期待ください。

sn.bpnavi.jp

 

 

■クロコダイルの販売傾向

当シリーズにおけるクロコダイルの販売傾向性(単品のみ、纏め売り除外、対象はヤフオク)をオークファンを利用して発売直後からデータ分析をしており、その結果をまとめます。

- 発売時(2016.02)から当記事の執筆時(2019.05)まででXX個落札されている

- 全体平均落札額はXXX円、直近3ヶ月平均落札額はXXX円、最高金額はXXXX円

- 価格は安定気味

 

■クロコダイルとは

ワンピースの悪役よりのキャラクターです。

初期の登場時は完全に悪役、2回目の登場時は半分味方というような感じでした。

人気もそこそこあるキャラクターとなります。

以下wiki先生から引用です。

元王下七武海。秘密犯罪会社「バロックワークス」社元社長。通称「サー・クロコダイル[20]。異名は「砂漠の王[20]。元懸賞金8100万ベリー。「偉大なる航路」出身[20]。44歳→46歳[4]。誕生日は9月5日(「ク」ロ「コ」ダイル=9・5)[21]。身長253cm[4]おとめ座[20]。血液型S型[20]。好きな食べ物はワニ肉・トマト[22]。嫌いな食べ物はケチャップ[22]。顔面を横断する傷跡とオールバックの髪型、分厚いロングコートが特徴の男。義手である左手の大型フックには、サソリの毒が染み込んだ鉤爪や短剣が仕込まれている。葉巻を愛飲。冷酷非道なエゴイストかつ実力主義者で、己以外の何者も信じず、自分の部下でも役に立たないと判断するか用が済むと即座に切り捨てる。頂上戦争編ではかつて敵視していた白ひげの生き様に感化されルフィに手を貸すなど、やや態度が軟化している。周到に策略を巡らせ野望の達成を図る謀略家でもある。思い描く理想は「海賊王」。笑い声は「クハハハハ」。船の名は「バロックギュスターブ号[20]。自然系悪魔の実「スナスナの実」の能力者。身体を砂に変化させられる「人間」。砂嵐を起こしたり、研ぎ澄ました砂を刃と化して攻撃することができる。さらに、「乾き」の能力が砂の能力の真髄で、右の掌で触れることであらゆる水分を吸収できる。砂漠での戦闘を得意とし、流砂の位置を感知できる。砂の特性により液体に触れると固形化してしまい、攻撃を受け流せなくなることが弱点。若い頃から頭の切れる海賊として知られ、破竹の勢いでその名を轟かせ、20代前半で七武海に加盟した[23]。また、ルーキー時代にイワンコフと何らかの因縁があり、弱みを握られている。七武海加盟後、白ひげに挑み惨敗を喫し一度は大人しくなったが、その野心をアラバスタ王国に向けるようになった[23]。その後は表向き海賊を狩る政府の味方として振る舞うことで、政府の監視の目を掻い潜っていた[注 18]。6年前、「歴史の本文」を解読できるニコ・ロビンと協定を結び、秘密結社「バロックワークス」を密かに立ち上げる。「Mr.0」のコードネームで社員を操り、ダンスパウダーを使いアラバスタ国民の国王への反感を煽り、反乱軍の内乱を引き起こした。その目的は、アラバスタ王国の王となり、「歴史の本文」を解読して古代兵器「プルトン」を手に入れ、政府をも凌ぐ軍事国家を築くことであった。表向きはレインベース最大のカジノ「レインディナーズ」のオーナーを務め、七武海としてアラバスタを海賊の襲撃から何度も守っていた。国王コブラからも信頼され、民衆からは英雄として国王以上の熱狂的な支持を受けていた。バロックワークスに潜入し計画を知ったビビを抹殺するためMr.5ペアとMr.3ペアを差し向けるも麦わらの一味に阻まれる。オフィサーエージェントを召集しアラバスタ乗っ取りの最終作戦「ユートピア」を発動し、国王軍と反乱軍の全面衝突を誘発させる。レインディナーズに乗り込んできたルフィたちを牢に閉じ込め始末しようとしたが、サンジの機転で逃げられてしまう。アルバーナへ向かおうとする一味を襲撃し、一人残ったルフィと対峙する。最初の戦闘では、手も足も出させないままフックで串刺しにした後生き埋めにした。その後アルバーナ宮殿に現れ直接ビビを殺そうとしたが復活を果たしたルフィに阻まれる。二度目の対決では水が弱点であることを見抜かれ、水を使った攻撃で劣勢を強いられるが、逆にその水分を絞り取ることで逆転し干上がらせた。その後、地下聖殿に向かいロビンからプルトンの在り処を聞き出そうとしたが、「歴史の本文」にプルトンの情報が記されていないと打ち明けられたことでロビンを見限る[注 19]。さらに二度目の戦闘後水の補給をして、再度起死回生を果たしたルフィと三度目の対峙をし、戦闘で負った流血を水代わりとするルフィの執念を認め、毒の鉤爪などを使い死闘を繰り広げあと一歩まで追い詰めたが、ルフィ渾身の「ゴムゴムの暴風雨」により岩盤を突き破り地上に打ち上げられ敗北し、計画は失敗に終わった。バロックワークスでの悪事が全て露見したことで七武海の称号を剥奪され、海軍に逮捕される[注 20]。その後、助けに来たミス・ゴールデンウィークたちから脱獄を誘われるが、「気分が乗らない」という理由で拒否。大監獄インペルダウンへ送られ、LEVEL6に収監される。マリンフォード頂上戦争が起こることを知ると、白ひげの首を取るため、LEVEL6に侵入してきたルフィらに共闘を持ちかける。イワンコフの監視の上で協力することを条件に牢から解放され、脱獄に成功する。マリンフォードに到着するやいなや白ひげの首を狙うが、ルフィに阻止される。その後は白ひげ海賊団と交戦していたが、海軍の謀略によりスクアードに刺された白ひげの姿に「そんな弱い男に負けたつもりはない」と激昂し、更にスクアードの裏切りを受けながらも命を懸けて戦う白ひげの生き様を見たことで「お前たちの喜ぶ顔が見たくない」と攻撃対象を白ひげから海軍に変え、エースの処刑阻止に加勢しドフラミンゴやミホークと交戦。白ひげの戦死後、ルフィを守る白ひげ海賊団勢に「守りてぇもんはしっかり守りやがれ」と檄を飛ばしながらルフィの戦場離脱も援護し、ルフィを狙う赤犬を足止めした。終戦後、ダズ(Mr.1)と共に新世界への再進出を決意する。ホールケーキアイランド編後、ルフィの活躍を取り上げた新聞を読んでいる姿が描かれている[注 21]

 

 

■仕入れ場所今昔

<国内>

発売から2年以上経った今は、オフハウス系や中古フィギュアショップ等で販売されています。

 

 <海外>

ebayはアメリカのセラーさんが5000円くらいで出品されていますね。

www.ebay.com

 6000円以上で出品されている日本のセラーさんが多数・・・・。

www.ebay.com

 

ここまで読んでいただきましてありがとうございました!