もーのグダグダしながらもアニメキャラ達に頑張ってもらって月5万くらいを稼がせてもらう副業ホビーせどりブログ

ホビー関連のせどりノウハウのアウトプットをしています。副業です。初歩的な話からニッチな観点の話まで溜め込んでいます。販路はヤフオクで、ebay輸入やタオバオ輸入も実施しています。初心者の方からベテランの方まで読んで頂けると幸いです。得意分野はフィギュアであり、目利きで勝負しています。

ホビーせどり ~2月に仕入れたもの26(プライズせどり)~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは。

もーです。

 

仕入れたものの紹介をして参ります。

ワンピースのフィギュアです。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

■仕入れたもの

ワンピース 彩色王頂上決戦 ルフィ

f:id:m-sedo:20190302152858j:image

 

 

 

■買値・定価・設定価格・見込利益


買値:1922円

定価:円

設定価格:3500円

見込利益:1478円

状態:未開封

 

■モノレート

mnrate.com

 

■仕入れ場所

古本市場という総合中古ショップです。 

 

■彩色王頂上決戦とは

ワンピースの造形を極めるための大会で造形王頂上決戦というものがあるのですが、

彩色についてもNo.1を決めようではないかという趣旨で設定された大会となります。

元々KING OF ARTIST というシリーズで製品化されたルフィの彩色違いというのがこのフィギュアとなります。

なお、このルフィのフィギュアは生産量が多かったのか、彩色のインパクトが凄すぎたのかわかりませんが、発売当初は500円で投げ売りされているようなものでした。

造形は間違いなくかっこいいです。

最近になって、彩色に時代がついてきた そんな感じがします。

 

■ルフィとは 

ワンピースの主人公です。

必ず難敵と遭遇し、絶体絶命の危機を何とか乗り越えて、パワーアップまでしていくという王道の主人公です。

性格等につき、賛否両論ありますが、私は大好きです。

 

以下Wik先生からの引用です。

 

海賊麦わらの一味」船長。異名は「麦わらのルフィ」。「最悪の世代」の一人。夢は「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を見つけて海賊王になること、そして大物になってシャンクスとの再会を果たすこと。「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村出身。

超人(パラミシア)系悪魔の実ゴムゴムの実」の能力者。筋肉はもちろん、内臓や器官、骨など、全身を自在に伸縮させられる「ゴム人間」。常に被っている麦わら帽子がトレードマーク。左目の下に傷[注 1]があり、新世界編からは胸に大きなX字形の傷跡[注 2]がある。一人称は「おれ」。

作者の中で一番作りこまずに、自然に描けたキャラクターがルフィである(長い時間でも付き合える人物を主人公に持ってこなければいけないため)。しかし作りこまなかった分本当の姿も模索していた。作者が初めてルフィの本当の姿に気付いたのはウソップ編になってから。ウソップがクラハドールを殴って、その後に子供たちと一緒になって「ばーか!」と言ったとき、「あ、ルフィって子供なんだ」と気付いた。それまでは17歳の冒険好きの少年という設定が頭の中にあり、理屈でゴチャゴチャとキャラクターを考えていたが、ルフィは自分の理想の子供を描けばいいんだと気付いてからは、ルフィは勝手に動き、喋り、笑い、怒るようになっていったという[19]

作者は読み切りの時からアニメ化したらルフィの声優は田中真弓がいいと考えていたようで、その意向を伝えていなかったのにルフィ役のオーディションに田中が参加していた時は驚いたという[20]

過去5回行われた人気投票において全て1位に輝いている。

2010年1月号の『MEN'S NON-NO』の表紙を創刊以来初となる漫画キャラクターとして飾った[21]。2010年8月号の『日経エンタテインメント!』では、02年1月号の『千と千尋の神隠し』以来となるアニメキャラクターとして表紙を飾った[22]

2018年11月30日、2016年の熊本地震の復興支援に協力した作者への感謝として、作者の地元熊本市熊本県庁前広場に等身大のルフィの銅像が設置された[23]

 

将来きっと海賊王になってくれると思っています。

 

■ルフィの販売傾向

当シリーズにおけるルフィの販売傾向性(単品のみ、纏め売り除外、対象はヤフオク)をオークファンを利用して発売直後からデータ分析をしており、その結果をまとめます。

- 発売時(2013.02)から当記事の執筆時(2019.03)まででXX個落札されている

- 全体平均落札額はXXXX円、直近3ヶ月平均落札額はXXXX円、最高金額はXXX円

- 発売当初、コレクターがビビるほどの彩色インパクトが発生、しばらくは価格が低迷していたが、現在高騰中

 

 

■仕入れ場所今昔

<国内>

ヤフオクと国内Amazonで取り扱っています。

ホビーショップでも中古品が出回っていますが高騰中です。

 

 <海外>

ebayは日本のセラーさんが輸出用にたくさん出されていますね。

また、やたらと中国の安いものが出回っていますが、これは海賊版ですのでご注意を。

www.ebay.com

 

ここまで読んでいただきましてありがとうございました!